黄色信号

施術を行うにあたってのリスク

レーシック手術を行うメリットは、視力を手軽に矯正できるということです。
しかしそのメリットとは逆に、失敗についてもあらかじめ把握しておく必要があります。

レーシック手術を行うにあたって知っておきたいことは、手術であるため少なからずリスクが発生するということ。
特にレーシックは術後の後遺症http://www.riponwebdesign.com/2.htmlに悩む方が少なくありません。
手術前と手術後ではものの見え方が異なり、それにともなってさまざまな現象が起きるリスクをはらんでいます。

以下に、代表的な後遺症の例を挙げています。
・ハロー:暗い場所や夜間帯、電灯や車のライトなど光を発するものの周囲にモヤがかかって見える。
・グレア:明るい場所がまぶしく見える。

ハローと併せて「ハローグレア」と呼ばれることもある。
・ドライアイ:目の角膜が乾きやすくなる。
・スターバースト:日中など明るい場所で、光が星の形に見える。
・不正乱視:眼球にフラップが正しく作られなかったため、角膜表面が凹凸になることで起こる乱視の一種。
・再近視化:元から近視の人が、手術後にまた近視に戻ってしまうトラブル。

以上のような症状があげられます。
特に今現在ドライアイをお持ちの方は、レーシックを受けるとさらに目が乾きやすくなり、ドライアイが悪化する可能性があります。
まずは施術前に医師によく相談し、目が乾く問題が深刻であれば施術は見送るようにして、リスクを回避されることをおすすめします。

レーシックは非常に画期的で安全性も高い治療ですが、医師の腕に左右される部分も大きいため、リスクを軽減するためにはいろいろな病院で説明を受けたり、口コミなどを参考にしても良いでしょう。
上記のような術後の症状というのは、必ず出るわけではなく人によってまちまちです。
また症状が現れるタイミングも異なるので、いつどこで後遺症が出てくるかは未知数です。
術後すぐに街や車の明かりが眩しく感じる方もいれば、だんだん近視に戻る方もいるため、自分には関係ないと思わず、リスクは事前に把握したうえでの施術をおすすめします。

Copyright(C) 2013 目の健康を維持できる手法 All Rights Reserved.