黄色信号

手術のあと目薬がしみたら黄色信号

レーシック手術を終えた後の目はとてもデリケート。
しばらくの間は乾燥を防止し、目を傷つけないために点眼薬が処方されます。
ほとんどのクリニックでは1週間分の目薬が処方されますが、これは毎日必ず決まった回数を点眼しなければなりません。

レーシック手術は角膜を剥がしてフラップと呼ばれる部位を作ります。
したがって、剥がされた部分は通常の傷と同じであり、目薬が染みるのも無理はありません。
点眼が痛くて痛くて辛い、という意見もありますが、傷を治すためにはある程度の痛みには我慢が必要です。

人によっては痛みが収まるために1週間〜1ヵ月程度までかかると言われていますが、もちろんその間目薬の点眼は欠かさず続け、ドライアイにならないよう注意が必要です。
痛すぎて点眼ができない場合は、一度病院に相談をしましょう。
術後の眼球は非常に敏感になっていますから、感染症などのリスクもあります。
万が一のトラブルを未然に防ぐためにも、不安に思ったらすぐに医師に相談を行いましょう。

市販の目薬を買って処置する方もいらっしゃいますが、市販品には防腐剤などの成分が入っており、レーシック後の目には向きません。
あくまで傷の無い健康な目のための薬ですから、手術後の敏感な目に点眼することは避けましょう。
逆に、処方された目薬を使い続けているけれどあまりにも染みるという場合は、目に何らかのトラブルがあるかもしれません。
感染症にかかっていれば新たな処置が必要ですし、フラップなどの傷に関して問題があればそちらも別途処置を受ける必要があります。

レーシック後の目の痛みは、そのほとんどがドライアイに起因していると言われています。
しかし、ドライアイ以外にも目を擦りすぎたり、紫外線を浴びすぎる、あるいは目元メイクが目の中に入ってしまった場合でも、何らかの衝撃で角膜が傷ついている可能性があります。
目の痛みが気になった時は自己判断は避け、クリニックを受診するようにしましょう。


Copyright(C) 2013 目の健康を維持できる手法 All Rights Reserved.