黄色信号

今と昔で違う、レーシックの認識

短時間で視力回復ができるレーシック手術は、口コミとインターネットによって広く知られるようになった新しい治療方法です。
芸能人やスポーツ選手にも人気がありますが、レーシックが登場したばかりの頃はまだ世間的な認知度が低く、危険な治療というイメージも根強かったようです。
ほとんどの人は視力矯正といえば、メガネやコンタクトレンズを装着する事がもっとも良いと考えるのではないでしょうか?今までは、視力回復のためには目を使わないように生活する、あるいは目に良い食べ物を食べるなど、ライフスタイルを中心とした治療が一般的でした。

1990年頃、レーシック手術がギリシャで初めて行われ、その後ヨーロッパを中心にレーシックという技術が世界的に広まっていきました。
当時からエキシマレーザーが治療に使われていましたが、視力を回復させるのにわざわざ手術をするなんてとんでもないという意見が多く、日本にレーシックがもたらされた1999年頃も同様の意見が圧倒的でした。

当時の人々が心配したのは、やはり角膜の手術にはリスクが大きいのではないかということです。
レーザーを照射する事自体に抵抗はなくても、角膜というデリケートで代替のきかない部位を剥がして照射するのはさすがにリスクが大きいのでは、という問題がありました。
実際問題として、当時のレーシックのリスクはまだ大きく、医師レベルでも慎重な意見が多かったようです。

しかしレーシックはその後安全性の高い技術が次々と開発され、各人の目の状態に合わせて微細なコントロールが可能になる、あるいは安全な機材が開発されるなど、低料金ながら目に負担をかけない方法が登場し、安全性についても徐々に認知されるようになりました。
安全性が向上しつつあるレーシックですが、100%安全というわけではなく、リスクも少なからず存在しています。
これからレーシックを受けようと考えている方は、まずはレーシック手術の内容や方法、最新の技術、リスクについてもよく把握し、手術を受けるようにしましょう。


Copyright(C) 2013 目の健康を維持できる手法 All Rights Reserved.